仙台の専門学校|ニチデ イラスト 漫画 アニメ デザイン 写真

ニチデブログ 2018-01-07 卒業制作展ブログ④

[イベント情報,卒業制作展]

 

 

 

今回の卒業制作展ブログは、イラストレーション科にお伺いしたいと思います!

今回取材をさせて頂いたのは、イラストレーション科2年生 杉山萌百香さんです!

では、さっそくインタビューをしたいと思います!

 

 

Q1:作品を描く上で、一番好きな世界観はどんなものでしょうか?

杉山さん:現代ファンタジー風の世界にとても関心があります。卒業制作展に向けての作品は、現代とファンタジーの世界を色鮮やかな配色で表現できるように

心がけました。ファンタジー以外にも、今後も「新しい世界観にも挑戦したい」と思っています。常に向上心を持って作品に取り組んでいくことが目標です。 

 

 

Q2:卒業制作で一番苦労したところはどこですか?

杉山さん:制作時間の確保がとても重要だなあと、作品を作って心から思いました…。卒業制作に取り掛かる時間が人より遅れてしまって、私生活と作品制作のスケジュール管理がなかなか上手くいかない時もあって…。スケジュール管理をしっかりしながら計画的に進めていかないと決められた締め切りに間に合わなくなってしまうし、作品も「完成させなきゃ」っていう思いに駆られて雑になってしまうところも出てきます。しっかり作品を作りこみたいと思うので、今からしっかり卒業制作展までにスケジュール管理をしながら描いていきたいです。

 

 

――――――――作品に携わる人なら、誰もがスケジュール管理には頭を悩ませると思います。しかし、苦労は在学中に経験した方が将来的に役立ちます。

「失敗は成功の元」と言葉がある位なので、次の作品に取り掛かる際の布石になるはず!

「失敗を受け入れ、努力し続けられる事は才能がある証」だと、杉山さんのお話を聞いていてとても感じます。

 

 

 

Q4:イラストレーション科及び在学中の後輩に一言!

杉山さん:来年は後輩さん達が卒業制作展に向けて、卒業制作と向き合う事になります。

向き合う時はぜひ「早い段階から作品に取り掛かること」を大事にしてほしいです。

『自分が何をやりたいのか、どんなものを表現したいのか』、そう言った事を早い段階で考えて卒業制作展に向けて動く。それが作品を最大限に表現できる手段だと思います。早い段階から行動できるように、色々な作品に触れておいた方が、発想や感性が刺激されるると思うので色々なものにもぜひ触れてみてください!

陰ながら応援しています。

 

 

 

Q5:卒業制作展に対する意気込みをお願いします

杉山さん:卒業制作展に来て頂いた方々の心に印象を与えられるように作品を丁寧に仕上げていきたいです。ぜひ作品を見に来てもらえると嬉しいです!

 

 

――――――――杉山さんの取材を通して、作品に対しての熱意をすごく感じられました。卒業制作展で作品をお目にかかれるのを楽しみにしています!

杉山さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました!ぜひみなさん、杉山さんの作品を卒業制作展の場にてご覧ください〜!

 

 

以上、イラストレーション科 卒業制作展インタビューでした!

ここまで熟読いただきありがとうございました〜!

卒業制作展⑤もやりますので、ぜひこちらもお目を通してみてください!

 

 


line line line

月別アーカイブ