BLOG

2019.01.16

【卒業制作展 学生インタビュー】第1弾!

[イベント情報]

いよいよ来月に迫ってきた『卒業制作展』!

学生にとって2年間の学びの集大成となり、時間をかけて一つの作品を制作してきました。

 

2年生は審査が終わってからも、更により良い作品に仕上げようと制作に励んでいます。

 

どんな思いを込めて、どんな思いをしながら制作しているのか。

科や学生によって思いは様々ですが、皆様に少しでもお伝えする為に、

何名かのニチデ学生へ「卒業制作インタビュー」

各科2年生の学生たちに行ってもらいました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

さて、第1弾はマンガ(プロデビュー/ベーシック)科!

今回インタビューを受けてくれたのは

マンガプロデビュー科の五十嵐玲那さん、マンガベーシック科の小室悠貴さんです。

 

Q.制作する上で意識していることは何ですか?

 

五十嵐さん:自分が思う可愛いを出せているか、キラキラふわふわした雰囲気がどこかに入っていないと物足りなさを感じるので

そういう所を意識しています。可愛いは正義なので!

 

 

小室さん:独創性と好みを研ぎ澄ますことを意識してます。

人の趣味は多様でどんなものも誰かにぶっ刺さると思っているからです。

それが研ぎ澄まされ洗練されたコンテンツであればあるほど・・・!

 

 

Q.来年卒制を制作する後輩に向けてアドバイスや一言お願いします!

 

五十嵐さん:卒展で展示するために、ちゃんと自分の描いてきたものは大切に保管しておくべきなのと、

相手に、「この人はこんな人なんだ」と分かって貰えるような展示に出来たかを考えて卒展に望んでほしいです。

自分の個人スペースをいかに自分らしさを出せるかが大事になってくる気がするので、頑張って下さい!

 

小室さん:早めに動いて、出来るだけ多くの時間を投資することをオススメします。

自分は結構スロースターターでヤバいので(笑)

 

Q.卒展に向けて意気込みや抱負をどうぞ!

 

五十嵐さん:可愛い!と思ってもらえる、見に来てくれた方の足を止めることができるような、

そんな自分らしい展示にしたいと思っているので、卒展準備までしっかり考えたいと思います!!

クラスメイトや他の学科の皆さんの気合いの入った展示を見るのが楽しみで、今もワクワクが止まりません!

よい卒展になるよう皆さん頑張りましょう!

 

小室さん:好きな物描いて暮らしたいので、自分の作品を好きになってもらう研究を続けてきました。

その成果を少しでも実感できたら気持ちいいです。

 

 

インタビューに答えてくれた五十嵐さんと小室さん、ありがとうございました♪

お2人の作品は、ぜひ卒業制作展でじっくりとご覧ください!

 


<卒業制作展>

専門学校日本デザイナー芸術学院
2018年度卒業制作展「nichide SOTSUTEN」

日時/2018.2.8(金)-2.12(火) 10:00-19:00
(受付時間10:00-18:30  8日13:00から/12日17:00まで)入場無料

会場/せんだいメディアテーク6Fギャラリーa

 

<卒業制作演劇公演>

専門学校日本デザイナー芸術学院
声優タレント科卒業制作演劇公演
「開運ラジオ」

日時/2018.2.24(日)14:00開演/13:30開場
会場/せんだい演劇工房 10-BOX

公開リハーサル
日時/2018.2.23(土)17:00開演/16:30開場
会場/せんだい演劇工房 10-BOX
入場無料