ニチデブログ 2019-02-02 【卒業制作展学生インタビュー】第7弾!!

[その他]

こんにちは!

卒業展示会までいよいよ1週間となりました!

 

 

この「卒業制作展 学生インタビュー」もラストスパートです!

今日は、雑貨デザイン科の中村里咲ちゃん・高渕恵里ちゃんにインタビューしました!!!

 

 

 

Q卒業制作のテーマとコンセプトを教えてください。

 

中村さん:テーマは『りとる*ぷらねっと』です。これは、私が卒業制作で制作したジオラマの店名です。コンセプトは、お店への来店時に「どこか別の小さな宇宙に来たのかな?」なと思っていただけるような雑貨店のジオラマです。

高渕さん:私のテーマは『everyday is A new day』です。りさちゃんと同じく、卒業制作で制作したジオラマの店名です。コンセプトは、代わり映えのない毎日を新しい一日と感じられたり、異国のお店を訪れたような気持ちになったりするような雑貨店のジオラマです。

 

 

Qでは、こだわりなどを教えてください。

 

中村さん:こだわったところは、色使いです。お店のイメージカラーが白・青・紫・黒なので、お店全体をそのイメージカラーでまとめ、他では見ないような珍しいお店のデザインにしました。それと、卒業制作ということでこの2年間の中で先生方から教わったエンボス加工と真鍮等を使いました。

高渕さん:お店のイメージは、雰囲気が大好きな《niko and…》です。商品もそうですが、什器のデザイン・色味・装飾物の配置やDIY感を出すこと等にこだわりました。

  

 

 

Q最後に、大変だったところを教えてください。

 

中村さん:外観のタイルの部分です。お店の雰囲気に合った素材のタイルを見つけることが大変で、貼り付け作業でも専用の接着剤の扱いや配色に苦労しました。他にも苦労した所がたくさんあるので、細部までじっくり見てほしいです!

 

高渕さん:什器と照明です。什器は、DIY感のある他では見ない物を作りたかったので、デザインの案出しが大変でした。照明はデザインもそうですが、実際に点灯するように作りたかったので、配線の処理が大変でした。でも、作りたいものを作ることが出来たし、イメージ図に近い雰囲気を出すことが出来たので良かったです!

 

 

中村さん、高渕さんの作品は、ぜひ卒業制作展で( ^∀^)


line line

月別アーカイブ