チョコはチョコでも

「チョコはチョコでも……」
 今日は俺みたいな非リアには辛い日だ。今日は二月十四日……そうバレンタインデーとかいう日だ。元々は男性が女性にプレゼントを上げる日なのだが、日本の某お菓子メーカーがそういう事に仕向けたらしい。まったく、こんな寒空の下わざわざ学校まで来てさらにはイケてる野郎にチョコを渡されるのを見なければいけない。こんな辛い日があるとかお菓子メーカー許さぬ。
 そんなことを考えながら歩いていると学校にいつの間にか到着していた。学校はいつも通りに賑やかで中には、半狂乱的に下駄箱の小さい扉を開け閉めしてる奴までいた。その姿はまるで見えないものを見ようとしているようだった。
 教室に着くと、早速、クラスでイケてる奴にチョコが手渡される光景を見てしまった。皮肉にも、そいつは俺の幼馴染みで、心が通じあっているぐらいの親友だった。
「おはよ。相変わらずモテモテだな。俺が来るまでに何個貰った?」
 と、俺は親友に意地悪な顔をして言う。
「いや、今のが初めてだよ」
 と、雪も溶けそうな温かい笑顔で親友は言う。
「まぁ、俺はチョコなんていらないけどな。お前も俺みたいなオタクに付き合ってるといつまでも彼女出来ないぞ」
「別に良いけど?俺、お前いれば楽しく生きていけるし」
「お前、何? ついにBL化したのか?」
「なわけ。冗談だよ」
 そう言うと、彼は廊下に消えていった。
 一人になった俺は静かに席に着き本を静かに読んでいた。すると、黒い影が俺の視界を遮った。
「なんだよ」
 と、俺は言う。
 目の前には女子が一人いた。それは俺のファンでもないただの幼馴染みだ。ただ、容姿に恵まれ、性格も理想形で密かにファンクラブまで出来てるという噂だ。そんな奴が俺に何の用なのか……
「はい、これ」
 と、彼女は謎の袋を渡す。
「何? これ」
「ちょ、チョコ」
「何で俺に?」
「勘違いしないでよね! 渡そうと思ってた友達が今日休んじゃって渡せないから仕方なくあんたに上げたの! どうせ他の女子からは貰えないんだろうから!」
 そう言うと、彼女は教室から消えていった。
 なんか、アニメの世界に来たかと思ってしまった朝であった。     

終わり