イラスト 漫画 アニメ デザイン 写真の専門学校|ニチデ|専門学校日本デザイナー芸術学院

施設・設備

プロ仕様のMac実習室、あらゆる撮影に対応した本格的な撮影スタジオをはじめ、学生の学習意欲にしっかりと応えられる施設・設備を整えています。講師の先生や職員、先輩や学科間の交流も盛んで、学校全体がアットホームな雰囲気に包まれています。

1F エントランスホール
豊富なマンガ図書館とコミュニケーション空間。

ニチデに入るとすぐに広がる空間、1F「エントランスホール」。奥にある事務室・学生受付とは仕切りもなく、学生と職員がコミュニケーションを取りやすいように工夫されています。左手には1,000冊を優に超える「ニチデマンガ図書館」があり、マンガコースの学生が作品を制作する際に資料として活用しています。

2F 撮影スタジオ
本格的な機材で撮影に臨める、東北唯一の写真専門科。

「撮影スタジオ」は、広い空間を活かした構図での撮影や、プロ仕様の本格的な撮影機材を使用しての物撮り、人物撮影もできるようになっています。デジタル環境だけではなく、暗室も完備しているので、フィルムカメラでの撮影・現像にも対応しています。教室にはMac、インクジェットプリンターも完備されているので、撮影した写真・映像のレタッチや編集作業もできるようになっています。

2F 休憩・飲食ルーム
昼休憩や放課後は、明るい空間でリラックス。

昼食時はもちろん、放課後にも自由に使用できる休憩スペースです。科を越えたコミュニケーションの空間としても利用できます。

3F クラフトルーム
様々な素材を扱うための機材や道具が揃った空間。

「最近D.I.Yにハマってるんだよね。」そんな先生の一言から始まり、特別授業の一環として企画から予算管理・施工までを、学生と講師が協力して制作(制作期間1週間)。今後は学生たちが作業しやすいように自由なカスタマイズが可能です。

3F 普通教室
広々とした空間で作品に向き合うことができる。

普通教室は、奥行きのある机を取り入れることにより、大きなサイズの作品も余裕を持って作業ができます。

4F Mac実習室
プロ仕様のMacintoshと印刷機器、「一人に一台」で集中して作業ができる環境です。

4F「Mac実習室」には、プロ仕様のMacintoshとソフトウェア、制作会社と同等レベルのレーザープリンター、スキャナーを完備しています。「一人につき1台」で授業を受けることができ、最新のソフトウェアで集中して制作することができます。
また、授業によっては備え付けのプロジェクターを使用してモニターをスクリーンに投影し、制作のプロセスを分かりやすく説明できるようにしています。
この他に、進級・卒業制作、公募制作時に使用する大判出力専用プリンターも用意されています。

ハードウェア:iMac/Mac Pro(OSX Server)※OSX Server導入により、在校生には個人アカウントが配布され、どこのMacでも自分だけの環境で使用できます。空き時間などを使って課題制作や個人作品の制作に有効利用することができます。 ソフトウェア:CELSYS CLIP STUDIO/CELSYS RETAS STUDIO/Adobe Illustrator/Adobe Photoshop/Adobe InDesign/Adobe After Effects/Adobe Premiere/Apple Final Cut Pro

5F アフレコスタジオ
本格的な設備が整ったアフレコスタジオで目指せプロ声優。

2012年度から新設された5F「アフレコスタジオ」。大画面のスクリーンに映し出される映像を見ながらアフレコを行える充実の設備。アフレコ後の編集機材も完備されています。新設のアフレコスタジオを体感してみたい方はぜひ「ニチデのオープンキャンパス」に参加してみてください!