仙台 専門学校 日本デザイナー芸術学院ロゴ

Educational policy教育方針/学校長・理事長挨拶

教育方針

「感動創作」

感性を磨き、発想力と最後までやりきる力を育てることで、人々に感動を与え、社会で活躍できる人財を教育する

卒業認定方針(ディプロマ・ポリシー)

社会に適応できる見込みがあり、成績・出席に問題がなく、卒業作品審査に合格したものに専門士(文化教養課程)の称号を付与する。

教育課程編成・実施方針
(カリキュラム・ポリシー)

「実践教育」「少人数制」「業界プロ講師」の教育スタイルで、企業・各専門分野・卒業生などの意見を取り入れ、時代に合った教育課程を編成する。

入学者受け入れ方針
(アドミッション・ポリシー)

デザイン・創作分野の職業にチャレンジする意欲のある方、また、芸術を通して成長し、社会人として自立する意欲のある方

学校長挨拶

学校長

学校法人 英智学園
専門学校日本デザイナー芸術学院
学校長 村上 克巳

「あこがれ」に挑戦した時間は、
生きてゆく力になる。

本校は、物を創り表現する世界に飛びこもうとしている学生をサポートする専門学校です。
マンガ・イラスト・デザイン・アニメなどの世界に挑戦する勇気ある人々と夢をかなえる為に一緒に歩む場としてキャンパスがあります。
我々の世界は、自分自身の心の中で渦巻く情熱をひとつの形として表現する作業でもあります。
そこで、それぞれの世界に「あこがれる」そして「好きだ」と言うことが絶対条件になります。その「想い」が、強ければ強いほど夢に近づくエネルギーになります。
よく「私、才能ないから」という言葉を聞きます。我々の世界でプロとして活躍している人たちは、はたして特別の才能の持ち主ばかりでしょうか?
私は、イラストレーターとして今も仕事をしています。これまで自分に才能があると思ったことはありません。もっともっと才能のある人達を見てきました。しかし、プロとしてやり続けている人は一部です。才能は自分自身で創りあげてゆく部分があります。
「あこがれ」に挑戦した時間は、貴方がたに大きな体験と生きてゆく力になると信じて我々は指導しております。是非、一歩を踏み出してみてください。

理事長挨拶

理事長

学校法人 英智学園
専門学校日本デザイナー芸術学院
理事長 中村 隆

憧れの職業に夢を抱いている方々を、
全力でサポートします。

ニチデは、学校設立から現在までの40年間で、約10,000人の卒業生を輩出し、会社員、フリーランス、プロの作家など、様々な形で活躍しております。
この40年間で、景気の波や地域格差による雇用情勢の浮き沈みを体験された保護者の方も多いことでしょう。
当校では、どのような社会環境であっても、理想を追い求め、強く自立できる人を育てることが、学校の最大の役割と認識しており、今後も当校の卒業生が、最大限に社会で活躍できるよう、学生の自発的な発想・行動を促し、『成長し続ける職業人』の育成をテーマに教育活動を行います。
また、素早く学校運営の改善を進めることと、積極的に企業との連携を深め、インターンシップ・アルバイト等の実践経験の機会を増やすことに取り組み、憧れの職業に夢を抱いている方々を、全力でサポートします。